経営者インタビュー

『国内の事業規模は今後数年間、全般的に拡大ペースが速まる見込み』 ~インドネシアの自動車産業等向けエンジニアリング・ソリューション企業社長に聞く インドネシア

2017年1月26日(木)10:00

PT. Solusi Rekatama Makmur
Mr. Vincentius Lauw (Managing Director)
Indonesia
 
 
PT. Solusi Rekatama Makmur Mr. Vincentius Lauw (Managing Director) IndonesiaHIDAが提供する研修プログラムには、新興国を含む海外諸国から多くのビジネスパーソンが参加しています。対象参加者の職位は研修プログラムによって異なりますが、経営者層に向けたプログラムも提供しています。
 
今回、インドネシアで自動車産業や一般産業等を対象にエンジニアリング・ソリューションの提供を手がける企業を営む参加者にお話しをうかがいました。



-まず初めに、御社の会社概要についてご紹介ください。


当社PT. Solusi Rekatama Makmurは、自動車産業や一般産業等を対象に、ロボットや自動・手動システムに関するエンジニアリング・ソリューションを提供する会社です。当社は2002年に設立され、設立当初は部品販売のみを行う業者として事業を開始しましたが、現在は個別の目的に応じたシステムの設計を通じて、ソリューション・サービスを提供する会社へと転じています。従業員数は、現在37名です。当社は、液体取り扱い装置、ロボット、塗料循環システム、シーラー供給システム等のプログラミングを含む工学システムなど、10を超える種類の製品/サービスを取り扱っています。本社のあるジャカルタから東に約50 kmの位置に技術センターを擁しています。当社の販売額は、2013年に約1千万米ドルに達しましたが、2015年は約350万米ドルでした。


-会社を経営していく上で、どのような事を特に大切にされていますか。理念や方針など、大切にしていることを教えて下さい。


我々が重視する経営理念は、以下のとおりです。
  • 顧客満足
  • 継続的改善
  • チームメンバー全員が積極的な考え方をもつよう努力すること
  • 安全性、品質、スケジュール
  • 緊急時における24時間電話サービスによる顧客対応
  • 人的資本の開発

 
-自社事業を更に発展・成長して行く上で、成長の妨げとなっている課題はありますか?またその“課題”に対し、どのような手を打つべきとお考えですか?


我々が直面している経営課題はいくつかありますが、以下の2種類に分類できます。

社外的な課題
  • 国内外の企業との競争激化。
  • 人件費の上昇により、手動作業からロボットおよび自動システム・ソリューションへと軸足を移すこと。
  • 効率性や省エネ性能を高める新技術、環境に配慮したソリューションに対する需要の増加。
  • 顧客からの徹底的なコスト削減要求。

社内的な課題
  • 有能な人材が不足していることと、中間管理職の能力が不十分であること。

 

上記課題を克服するため、我々は以下の点に取り組んでいます。

  • 当社技術センターにおいて、ロボット・自動ソリューション等、より技術に基づいたシステム・ソリューションを強化すること。当社製品ラインの拡充に向け最善を尽くしています。
  • 当社の人材に加え、新技術による製品・ソリューションの開発に対し投資すること。
  • チームメンバーの能力向上に向け、外部顧客および内部従業員に対して専門的な知識と教育を提供すること。
  • 人員の役割および顧客へのアプローチを改革すること(2017年の早い時期に実施予定)。


-現在の海外ビジネス展開状況を教えてください。


我々は、2004年以降の5年間にダイハツ工業株式会社およびトヨタ自動車株式会社に塗料循環システムを提供することに成功し、その後、同様の成功を多数収めました。こうした業績により、株式会社大気社およびトリニティ工業株式会社のような世界的な塗料設備製造・施工業者からの信頼を得ることとなり、当社は、それら企業から優先度の高いビジネス・パートナー/ベンダーとして認められました。当社は、日本の顧客企業のほかにフランス、ドイツ、英国、米国等とも取引関係があります。


-今後、更なる海外ビジネス展開をお考えですか?また海外ビジネス展開を成功に導くために、貴社が大切にしている事、重視したい事は何でしょうか?


はい、当社の事業を国内全域および海外に展開したいと考えています。
人材の開発と強化に加え、その国のビジネス文化を理解することが大変重要なことだと思います。当社は、価格競争力を高めるために、新技術システムに関する知識を従業員に伝える必要があります。


-貴社ビジネスが属する、自国におけるマーケットの状況について教えてください。


国内の事業規模は今後数年間、全般的に拡大ペースが速まると見込まれますが、その背景には、全国的なインフラ・プロジェクトの大規模開発、それらのプロジェクトを実施するための政府および民間企業の資金調達力、事業に関連する規制の緩和があります。こうした状況のもと、我々の産業も相応の恩恵を受けるだろうと予測しています。


-日本を含め、他国と自国における商慣習には違いがあると思います。自国での働き方に関する考え方、業務文化、国民性など、他国との際立った違いがあればご紹介ください。


私の個人的な見解では、インドネシア人は友好的な人々であり、ビジネスにおいては顧客との良好な関係が重要です。一般的に言って、大半の従業員は仕事をする際にあまり深く考えず、どちらかと言えば安易な方法を選ぶ傾向があります。自己改善は稀なことだと言えます。


-自社人材を育成していく上で、どのような点に注意を払って取り組んでいますか?


人材開発は継続的な過程であり、また専門的な人的資本は企業の成長と収益性にとって重要な資産です。

中小企業にとっての課題は、いかに有能な人材に応募してもらうかという点です。なぜなら、優秀な候補者の大半は、大企業や有名企業に応募するからです。その結果、有能な応募者は限られてしまうのです。とは言え、我々は、それぞれの地位においてより大きな責任を担う適任者を見いだすため、社内の人々と緊密に業務を行っています。また、ヘッドハンティングにより優れた人材を引き抜くことにも全力で取り組んでいます。


-最後に、日本や日本企業についてどのような印象をお持ちでしょうか。日本に来て驚いた事、感動したこと等ありましたら教えてください。


極めて優れたインフラと清潔な環境を備えた高度先進国。それが私の日本に対する印象です。また、私が実感したのは、日本人は丁寧で、進んで人を助け、責任感があり、規律正しく、完全志向や所属意識が強く、建設的であるということです。

日本企業については、顧客の満足を極めて重視しているとの印象を受けました。それは、高品質、高い生産性、納期短縮、ムダの最小化に向け、自動化とジャストインタイムを2本柱とする顧客本位のトヨタ生産方式に見ることができます。

人材開発の考えに関しては、私は、継続的改善、良い思考、良い製品、品質、効率を通じ、最初に人材を育成していることに気付きました。日本人従業員は、仕事場で複数の業務を行っていて、一人で様々な仕事をこなすことができるのです。


ご協力ありがとうございました。

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more