市場レポート

ドローン(UAV/UAS)世界市場の調査を実施(2016年) 日本

2017年1月17日(火)10:00

【調査要綱】
 矢野経済研究所では、以下の調査要綱にてドローン(UAV/UAS)の世界市場の調査を実施した。
 
  1. 調査期間:2016年1月~6月
  2. 調査対象:ドローンメーカー、ドローンサービスユーザー企業、アプリケーション企業等
  3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談調査ならびに文献調査を併用

<ドローンとは>
 ドローンは、無人航空機の俗称で、UAV(Unmanned Aerial Vehicle)、UAS(Unmanned Aircraft System)、RPAS(Remotely Piloted Aircraft Systems)とも呼ばれる。モーションセンサーを活用した姿勢制御技術の発展や衛星測位システムとの連携によって飛行経路を巡航する機能など、操縦技術への依存度が軽減されたことによって、様々な産業分野における商用利用が見込まれている。
本調査におけるドローンとは、ある程度の自律制御が伴う無線操縦飛行機やマルチコプターと定義し、コントロールの全てを操縦者に頼るいわゆるラジコンは除外している。

【調査結果サマリー】
◆2015年のドローン世界市場規模は1兆2,410億円、2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は12.9%を予測
 世界の軍事用と民間用(産業用、ホビー用、サービス)のすべてを合わせた世界市場規模は、2015年で1兆2,410億円であった。2015年から2020年にかけて年平均成長率(CAGR)は12.9%で推移し、2020年には2兆2,814億円を予測する。世界市場全体では、現状で軍事用が過半を超えているが、2020年までには軍事用と民間用はほぼ半々になるものと予測する。


◆点検・検査分野が民間ドローンサービスの応用分野として今後の成長の可能性
 2015年の民間ドローンサービスの世界市場規模は290億円で、2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は50.4%で推移し、2020年には2,233憶円に達すると予測する。なかでも成長率の高いのは点検・検査分野、測量分野である。現行のカメラ搭載機体での画像(映像)撮影による方式だけでもその応用分野は幅広いが、今後、ドローン自体と周辺技術の進展によって応用範囲は更に広がる可能性が高いものと考える。

 
 
図1. ドローン世界市場規模予測
図1.  ドローン世界市場規模予測矢野経済研究所推計 注1.事業者売上高ベース 注2.世界市場規模はUSドルで算出し、1USドル=120円(2015年の米ドル対円レートの平均値)で日本円に換算 注3.2016年以降は予測値  出所:株式会社矢野経済研究所
 
図2.民間ドローンサービス分野別世界市場規模予測
図2. 民間ドローンサービス分野別世界市場規模予測 矢野経済研究所推計 注4.事業者売上高ベース 注5.世界市場規模はUSドルで算出し、1USドル=120円(2015年の米ドル対円レートの平均値)で日本円に換算 注6.2016年以降は予測値  出所:株式会社矢野経済研究所

出所:株式会社矢野経済研究所「ドローン(UAV/UAS)世界市場の調査を実施(2016年)
URL: http://www.yano.co.jp/press/press.php/001568



本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるHIDA帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(HIDA)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。
各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、HIDAプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more