市場レポート

CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2016年) 日本

2017年4月20日(木)10:10

【調査要綱】
矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のCAD/CAM/CAEシステム市場の調査を実施した。
  1. 調査期間:2016年5月~10月
  2. 調査対象:機械系CAD/CAM/CAEシステムメーカー、EDA(Electronic Design Automation)システムメーカー、土木・建築系CADシステムメーカー
  3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談及び電話・メールによるヒアリング

【調査結果サマリー】
◆ 2016年度の国内CAD/CAM/CAE システム市場規模は前年度比4.4%増の3,449億円の見込
 2015年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年度比2.4%増の3,305億円となった。2016年度は円高傾向が続いており、輸出型産業を中心に業績悪化が懸念される一方で、公共投資、経済財政政策の効果などが下支えとなり、設備投資は一定規模を維持するものと考え、2016年度の国内CAD/CAM/CAEシステム市場規模(同ベース)は、3,449億円(前年度比4.4%増)となる見込みである。

◆ 分野別では機械系CAD/CAM/CAEと土木・建築系CADがけん引
 分野別に内訳をみると、機械系CAD/CAM/CAEの市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、2015年度は2,221億円(前年度比5.2%増)、2016年度は2,329億円(同4.8%増)となる見込みである。
 EDAの市場規模(同ベース)は、2015年度は701億円(同4.8%減)であった。日本国内の電子工業生産がピーク時の約半分という水準であり、大きく落ち込んでいるのが原因である。EDAシステムメーカーは、自動車など半導体以外の業界への拡販をすすめており、2016年度は727億円(同3.7%増)と回復する見込みである。
 土木・建築系CADの市場規模(同ベース)は、2015年度は383億円(同0.8%増)であった。2016年度は、394億円(同2.8%増)となる見込みである。東日本大震災から続く復興需要は現在も高い水準で推移しており、堅調な市況となっている。

 
図表1. CAD/CAM/CAEシステム市場規模推移
図表1. CAD/CAM/CAEシステム市場規模推移
矢野経済研究所推計
注1:システムメーカー出荷金額ベース
注2:2016年度は見込値

出所:株式会社矢野経済研究所  

出所:株式会社矢野経済研究所「CAD/CAM/CAEシステム市場に関する調査を実施(2016年)」
URL: http://www.yano.co.jp/press/press.php/001609

 
 
本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.
 

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるHIDA帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(HIDA)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。
各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、HIDAプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more