市場レポート

ITアウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年) 日本

2017年1月17日(火)10:10

-クラウドの普及によりサービスの多様化が進み、顧客の自由な選択が可能に-

【調査要綱】
 矢野経済研究所では、次の調査要綱にて国内のITアウトソーシングサービス市場の調査を実施した。
  1. 調査期間:2016年5月~7月
  2. 調査対象:コンピューターメーカー、システムインテグレーター(SIer)、データセンター専業者等のITアウトソーシングサービス提供事業者
  3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・eメールによる取材、ならびに文献調査を併用

<ITアウトソーシングサービスとは>
 ITアウトソーシングサービスとは、情報システムのハードウェアやソフトウェアの運用保守業務を代行するサービスのことを指す。本調査では、システム利用企業内にあるシステムの運用保守を代行する「オンサイト運用・保守サービス」と、データセンター内にあるシステムの運用保守を代行する「データセンター関連サービス」を対象とし、サービス提供事業者の売上高ベースで市場規模を算出した。

【調査結果サマリー】
◆2019年度のITアウトソーシングサービス市場は3兆9,985億円と予測
 オンサイト運営・保守サービスからデータセンター関連サービスへのシフトが進んでいるITアウトソーシングサービス全体の2015年度の市場規模(事業者売上高ベース)は、前年度比100.2%の3兆8,434億円であった。クラウドサービスの普及やサービスの多様化、データセンター利用の増加などを背景に、2014年度から2019年度までのITアウトソーシングサービス市場全体の年平均成長率は0.8%で推移し、2019年度の同市場規模は3兆9,985億円になると予測する。

◆2019年度のデータセンター関連サービス市場は2兆4,035億円に成長と予測
 クラウドサービスでは、パブリッククラウドの利用が順調に伸びているが、同時にサービスの多様化も進んでおり、ハイブリッドクラウドやプライベートクラウドを含めて、最適なサービスをユーザー企業が自由に選択するようになってきている。増加したサーバーをデータセンターに預ける企業が引き続き増加しているとともに、クラウドサービス提供事業者によるデータセンターの利用も進んでいる。こうしたことから、ITアウトソーシングサービスの内、データセンター関連サービス市場(事業者売上高ベース)の2014年度から2019年度までの年平均成長率は3.6%で推移し、2019年度の同市場規模は2兆4,035億円に成長すると予測する。


図1.ITアウトソーシングサービス市場規模推移と予測

図1.ITアウトソーシングサービス市場規模推移と予測  注1.システム利用企業内にあるシステムの運用保守を代行する「オンサイト運用・保守サービス」と、データセンター内にあるシステムの運用保守を代行する「データセンター関連サービス」を対象とし、サービス提供事業者の売上高ベースで市場規模を算出した。 注2.2016年度は見込値、2017年度以降は予測値 注3.オンサイト運用・保守サービスは、「オンサイトハードウェア運用サービス」、「オンサイトソフトウェア運用サービス」、「オンサイトハードウェア保守サービス」、「オンサイトソフトウェア保守サービス」の4つのサービスを対象とし、データセンター関連サービスは、「ハウジング」、「ホスティング」、「データセンターハードウェア運用サービス」、「データセンターソフトウェア運用サービス」、「データセンターハードウェア保守サービス」、「データセンターソフトウェア保守サービス」、「IaaS(Infrastructure as a Service)」、「PaaS(Platform as a Service)」、「SaaS(Software as a Service)」の9つのサービスを対象とした。  出所:株式会社矢野経済研究所
出所:株式会社矢野経済研究所「ITアウトソーシングサービス市場に関する調査を実施(2016年)
URL: http://www.yano.co.jp/press/press.php/001571



本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.
  URL: 

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるHIDA帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(HIDA)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。
各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、HIDAプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more