市場レポート

車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2016年) 日本

2017年4月13日(木)10:00

【調査要綱】
矢野経済研究所では、次の調査要綱にて車載用リチウムイオン電池世界市場の調査を実施した。
 
  1. 調査期間:2016年5月~8月
  2. 調査対象:自動車メーカー(日本、欧州、米国、韓国)、車載用リチウムイオン電池メーカー(日本、韓国、中国)
  3. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<車載用リチウムイオン電池とは>
 本調査における車載用リチウムイオン電池とは、xEV(48VマイルドHEV、ストロングHEV、PHEV、EV)に搭載されるリチウムイオン二次電池(Lithium-ion Battery 以下、LiB)を指す。また、乗用車に搭載されるLiBを対象とするが、中国の電気バス(PHEV及びEV)に搭載されるLiBを含む。

【調査結果サマリー】
◆2015年の車載用LiB世界市場は27,853MWh、2016年は39,349MWhの見込
 2015年の車載用リチウムイオン電池(LiB)世界市場(搭載されたxEV生産ベース)は、前年比210.1%の27,853MWhと大きく伸長した。深刻な環境汚染問題の改善を図る各国政府の積極的なEV普及政策を受け、中国を中心にPHEVとEVの販売が急拡大したことが車載用LiB市場の成長に大きく貢献している。2016年においても同様の傾向は続いており、2016年の車載用LiB世界市場(同ベース)は、前年比141.3%の39,349MWhと見込む。

◆各国政府の普及政策を受け、PHEV及びEVの販売が急拡大したことが市場を牽引
 2015年の車載用LiB世界市場(搭載されたxEV生産ベース)をxEVタイプ別でみると、EV向けが24,112MWh(構成比86.6%)、PHEV向けが3,303MWh(同11.9%)、HEV向けが438MWh(同1.6%)と、EV及びPHEV向けが車載用LiB世界市場全体の98.5%を占めた。EV向けは、各国政府の積極的なEV普及政策が追い風となり、また、特に中国においては、100~300kWhの大容量LiBパックを用いる電気バスの販売が拡大したことが市場を牽引している。PHEV向けは中国におけるPHEV販売が好調だったことに加え、複数の欧州自動車メーカーを中心に新車の販売が相次ぎ、PHEV市場の伸びに比例してPHEV用LiB市場も高い成長率で推移した。

◆2020年の車載用LiB世界市場は155,430MWhに拡大すると予測 各国の環境規制が厳しくなる中で、自動車メーカー各社はxEV新車の市場投入を相次いで計画している。また、xEV市場拡大を牽引している各国政府のxEV向け補助金や優遇政策が2020年まで継続することや、米国のカリフォルニア州のようにxEVの販売義務比率を徐々に高めている地域があることなどから、xEV市場は2016年以降も安定成長し、2020年における車載用LiB世界市場(搭載されたxEV生産ベース)は、155,430MWhに拡大すると予測する。


図表1.車載用LiB世界市場推移と予測

(単位:MWh)
図1.車載用LiB世界市場推移と予測
(単位:MWh、%)
表1.車載用LiB世界市場推移と予測
矢野経済研究所推計
注1:LiBが搭載されたxEV(48VマイルドHEV、ストロングHEV、PHEV、EV)の生産ベース
注2:2016年は見込値、2017年以降は予測値
注3:市場規模は乗用車に搭載されるLiBを対象とするが、中国の電気バス(PHEV及びEV)に搭載されるLiBも対象として算出した。

出所:株式会社矢野経済研究所


出所:株式会社矢野経済研究所「車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2016年)」
URL: http://www.yano.co.jp/press/press.php/001598


本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.
 

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more