市場レポート

リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2016年) 日本

2017年4月13日(木)10:05

【調査要綱】
矢野経済研究所では、次の要綱にてリチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施した。
 
  1. 調査期間:2016年4月~10月
  2. 調査対象:リチウムイオン電池部材メーカー(日本、韓国、中国、米国など)
  3. 調査対象部材:正極材、負極材、電解液・電解質、セパレーター
  4. 調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<リチウムイオン電池主要4部材とは>
 スマートフォンなどの情報通信機器の電源やEV、PHEV等の動力源として搭載されるリチウムイオン電池は、十数点以上の部材点数及び材料から構成されるが、本調査では、正極材、負極材、電解液(電解質)、セパレーターの主要4部材を対象とする。なお、本調査結果は全て米ドルベースで算出しており、2012年は1USD=79.7円、1126.88ウォン、6.32元、0.78EUR、2013年は1USD=97.8円、1116.97ウォン、6.16元、0.75EUR、2014年は1USD=105.9円、1152.93ウォン、6.14元、0.75EUR、2015年以降は1USD=121.0円、1129.94ウォン、6.23元、0.90EURで換算した。

【調査結果サマリー】
◆2015年リチウムイオン電池主要4部材世界市場規模は前年比118.1%の70億5,043万6,000ドルと推計
 2015年におけるリチウムイオン電池(以下、LiB)主要4部材世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)を、前年比118.1%、70億5,043万6,000ドルと推計した。2015年は民生小型機器向けのLiBセル市場が前年に比べ伸び率が鈍化したのに対し、車載用LiBセル市場は特に中国のxEV(HEV、PHEV、EV)市場の急成長を牽引役に大きな伸びを見せている。その結果、LiB主要4部材市場の成長は継続しているが、各部材での金額ベースの伸び率は数量ベースの伸び率を下回る形となっており、年平均での価格のトレンドは下落傾向にあったと推計する。

◆LiB主要4部材世界市場においては、中国メーカーが引き続き存在感を高める
 2015年のLiB主要4部材世界市場(メーカー出荷数量ベース)においては、引き続き中国LiB部材メーカーが存在感を高めており、正極材(62.6%)、負極材(75.2%)、電解液(75.3%)、セパレーター(44.8%)といずれも国別シェアがトップであった。2014年までは日本と韓国のLiBセルメーカー側が安価な中国製LiB部材の採用を拡大している点がシェア拡大の要因の1つとなっていたが、2015年以降は中国xEV市場の拡大を背景に、LiB部材の中国国内での内需が大きく伸びた点が更なる数量シェア上昇に繋がったと考える。

◆各部材での生産能力と実需の乖離は徐々に埋まり、今後はハイグレード品を中心にひっ迫感も
 2014年から2015年にかけての中国xEV市場の急拡大を背景に、LiB主要4部材の生産能力と実需の乖離は徐々に縮まる方向にある。2016年以降には、中国LiB部材メーカーを中心に生産能力の増強が計画されているが、生産対応が可能なLiB部材メーカーが限られるハイグレード品に関しては、需給バランスがタイトな状況が続いていくと予測する。


図表1.LiB主要4部材 世界市場規模推移と予測
表1.LiB主要4部材 世界市場規模推移と予測
(単位:千USD)
図1.LiB主要4部材 世界市場規模推移と予測
矢野経済研究所推計
注1:メーカー出荷金額ベース
注2:2016年以降は予測値
注3:2012年は1USD=79.7円、1126.88ウォン、6.32元、0.78EUR、2013年は1USD=97.8円、1116.97ウォン、6.16元、0.75EUR、2014年は1USD=105.9円、1152.93ウォン、6.14元、0.75EUR、2015年以降は1USD=121.0円、1129.94ウォン、6.23元、0.90EURで換算した。
注4:四捨五入のため、表内の比率が一部異なる。
 
出所:株式会社矢野経済研究所

 
表1.LiB主要4部材 世界市場規模国別数量シェア推移
表1.LiB主要4部材 世界市場規模国別数量シェア推移
矢野経済研究所推計
注5:メーカー出荷数量ベース
注6:四捨五入のため、表内の比率が一部異なる。
 
出所:株式会社矢野経済研究所

 
 
図1.LiB主要4部材 世界市場における日本の数量シェア推移
(単位:%)
図1.LiB主要4部材 世界市場における日本の数量シェア推移
矢野経済研究所推計
注7:メーカー出荷数量ベース
 
出所:株式会社矢野経済研究所                       
                
 
表2.LiB主要4部材 生産能力と実需の比較
表2.LiB主要4部材 生産能力と実需の比較矢野経済研究所推計
注8:メーカー出荷数量ベース
 
出所:株式会社矢野経済研究所
 
 
出所:株式会社矢野経済研究所「リチウムイオン電池主要4部材世界市場に関する調査を実施(2016年)」
 

本件に関するお問合せ先 (http://www.yano.co.jp/
株式会社矢野経済研究所 広報チーム TEL:03-5371-6912 E-mail:press@yano.co.jp
Copyright © Yano Research Institute Ltd.
 

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more