GIJ海外情報

“KIRIN ICHIBAN”と呼ばれる日本のプレミアムビール、ミャンマーで製造 ミャンマー

2016年10月21日(金)09:45

日本のビール会社でトップブランドの一つであるキリンが資本投入しているMyanmar Brewery社では、KIRIN ICHIBANと呼ばれる麦芽100%の一番搾りビールを完全にミャンマーで醸造しています。
 
KIRIN ICHIBANはその味が価格に見合っています。お客様や消費者からのフィードバックは、いくつかはよりよいパッケージや更なる宣伝活動を求める声もありますが、かなりよいものです。同じビール会社で他のブランドビールを購買しているバイヤーと交渉する時には、彼らの提案やアイデアを聞く価値は十分にあります。
 
Myanmar Brewery社の営業担当者であるAung Bo Bo Oo氏によると、自身が担当する直販店は、お店やスーパーマーケットなど含めて約200店ありますが、毎月少なくとも一回は全ての店舗を訪問し、通常は彼を必要とする時はいつでもそのお店全てを訪問しているとの事です。そして顧客のフィードバックを聞き、アイデアを聞いているそうです。彼はお店のオーナーに先入先出法(FIFO)のシステムや、お店の中の瓶やカンの設置場所の管理方法、陳列の仕方などを説明しています。また時にはお店を訪問したときに彼自身が直接販売を行うこともあるとの事です。自分自身が店舗で販売をすることで、顧客のよりよいフィードバックを得ることができ、顧客の特質についてより深く気付くことができると同氏は考えています。
 
お店のオーナーの一人であるSoe氏は、「ミャンマーの人々は、KIRIN ICHIBANの味と出来たての風味を好んでいます。他のブランドビールには無い魅力があります。瓶やカンの洗練されたパッケージデザインは日本と関連していますが、ミャンマーの人々はKIRIN ICHIBANの存在についてよく知っていません。そのため、KIRIN ICHIBANの認知度を高める取り組みを一生懸命行っています。まず、KIRIN ICHIBANが人々の目に触れることを期待していますが、店でKIRIN ICHIBANがいつ手に入れることができるのか分かっていないのです。そのため、我々はブランド認知度を向上し、ある種の販売促進を行っていかなければいけません。」と言っています。
 
ミャンマーのお客はKIRIN ICHIBANの味を好み、またビールの値段はその品質に比べてそれほど高くはありません。現在、ミャンマーにおける他のブランドビールと比較され出しています。
 
KIRIN ICHIBANは現在、とりわけ日本の伝統衣装・着物を着たキャンペーンガールによる販促活動と共に、スーパーマーケットでよく売られていて、人々の関心が高まっています。KIRIN ICHIBANの味はとても鮮度がよく、プレミアムビールの本当の味わいが楽しめるのです。
 

“KIRIN ICHIBAN”と呼ばれる日本のプレミアムビール、ミャンマーで製造“KIRIN ICHIBAN”と呼ばれる日本のプレミアムビール、ミャンマーで製造

 

HIDA・AOTSミャンマー同窓会報告

 

*当記事へのご感想、またはこういうテーマ・トピックに興味がある等、ご意見等ございましたら、是非お寄せください。宜しくお願いいたします。

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるHIDA帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(HIDA)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。
各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、HIDAプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more