GIJ海外情報

ベトナムの飲食業界:簡単ではない現実 ベトナム

2016年9月26日(月)09:42

最近、カフェ・デザートを手がけるチェーン店NYDC(New York Dessert Cafe)が、「また再びお会いしましょう」という悲しいメッセージと共に、ベトナムにおける最後の店舗を閉鎖しました。NYDCの撤退は、国際的な飲食業チェーン店による激しいベトナム市場への進出と、ベトナム国内の地元ブランドの拡大の影響とみられています。ベトナムの飲食業市場は高い成長時期にありますが、今は不安定な状況にあるようです。
 
yewnkaxny624bftdo8t7-1236d28c.jpg
デザート・ダイニングカフェ、MOF Japanese Dessertカフェ店内
 
低・中価格市場において、The Coffee House、Phuc Long Tea、Urban Station Coffee、Gogi、Kichi-Kichi、SumoBBQ、Vuvuzelaといったローカルブランド店が、特に若い近代的な都会層をターゲットとして、立地の良い場所で開放的な雰囲気、そして手ごろな価格設定で見事に成長しています。一方で、スターバックスやマクドナルド、他の国際的な競合相手は現在、事業拡大の機会を見つける上で、都市部における極端に高い建物賃料やローカルブランド店に比べて高い運営費用といった大きな問題に直面しています。
 
更にベトナム人は“調和と多様性”の料理を味わうことを好むことで知られています。そして若い人々は、私たちが普通想像する標準化されたチェーン店よりも、それぞれの場所によって異なる雰囲気の店を楽しみたい傾向がみられます。ベトナム産業貿易省によれば、国際的なフランチャイズブランド店は144にものぼり、同市場は年間15%~20%で成長しています。しかし新店舗開設の低迷状況は、海外飲食業ブランドにおいて明らかに見られます。この高価なものではなく、好みのうるさい市場について考えるときには、あまりにも楽観的にならずに賢くあるべきでしょう。
 
HIDA・AOTSベトナム同窓会報告
 
*当記事へのご感想、またはこういうテーマ・トピックに興味がある等、ご意見等ございましたら、是非お寄せください。宜しくお願いいたします。
 

 

海外ビジネスサポートサービス

  • 海外情報配信サービス
  • GHC海外インターンシップ
  • 国際カンファレンス・セミナー
  • 海外ビジネスマッチング
  • 海外市場調査
  • にほんごe-ラーニング

世界に広がるAOTS帰国研修生ネットワーク

海外産業人材育成協会(AOTS)が培ってきた50年以上の研修事業を通じて、43か国と同窓会ネットワークを構築してきました。

各国の同窓会メンバーは製造業を中心とした企業経営者・管理者、相手国政府・公的機関の有力者や技術者で構成されています。この信頼性の高いネットワークを通じて、工業部門を中心とした調査やパートナー企業探しが可能です。

ものづくりと海外をつなぐ

GIJメールマガジン

海外情報や、AOTSプログラム等、情報をご提供します。

  • 無料メールマガジン お申し込みはこちら
  • お問い合わせはこちらから

新着情報

新着ニュースを掲載しております。

more